にんにく卵黄の作り方

にんにく卵黄の作り方

 

最近ブームとなっているにんにく卵黄は、毎日の元気をサポートし疲労回復効果がある健康食品として人気が出ています。今では様々な企業からにんにく卵黄が販売されており、その原材料や効能も様々です。
にんにく卵黄はもともと九州地方の南部に伝わる伝統料理で、家庭料理として食されていました。なのでサプリメントを飲まなくても自宅で簡単に作れるのです。夏バテや疲労が溜まった時に、作ってみてはいかがでしょうか?ここではそんなにんにく卵黄の簡単な作り方を紹介します。

 

 

1.にんにく卵黄の材料、にんにく6個・卵黄2個を用意します。材料はたったこれだけ。
にんにくは電子レンジで加熱します。1個1分を目安にしているので、6個の場合は6分加熱しましょう。皮は加熱してからむくので、そのまま加熱しましょう。

 

2.加熱終えたにんにくを電子レンジから取り出し、皮をむきます。加熱することでむきやすくなるので、つるっとむけるでしょう。大変熱くなっているので火傷に注意しながらむきましょう。

 

3.皮をむいたにんにくを鍋に入れます。大さじ3杯の水を入れ鍋を火にかけます。しばらくしてからフタをし、柔らかくなるまで煮込み続けます。にんにくが柔らかくなったら火を止め、マッシャーなどを使用して潰していきます。マッシャーがない場合はフォークで潰しましょう。

 

4.潰したにんにくに卵黄2個を入れます。卵黄とにんにくをかき混ぜ再び火にかけ、かき混ぜながら加熱していきます。混ぜながらだんだんねっとりしてくると思います。しゃもじが動きにくいほどねっとりすれば、火をとめましょう。

 

5.ある程度荒熱をとった後、ラップを広げその上にペーストを広げます。その上からラップでサンドし、上から叩いて平らにのばしていきます。ペーストが平らになったらラップをはがし、乾燥させます。表面が乾いたら今度は反対側も乾燥させます。

 

6.両面乾燥し終えたら、ナイフで適当な大きさに切ります。小さく切ったペーストをコロコロ丸めます。全部丸め終ったらまた乾燥させ、乾ききったら完成です。