にんにく卵黄の成分と効果

にんにく卵黄には体によい成分が多く含まれています。
にんにくや卵を食事で毎日食べるのには限界がありますが、にんにく卵黄は、栄養素をたくさん摂りいれることが出来ますので、手軽に摂取できることで人気もあります。
にんにくと卵黄の成分を考えてみたいと思います。
にんにく特有の成分、アリシンはにんにくの臭いのもととして有名ですが、抗ガンや抗ストレスの効果が期待できる成分で、強い抗菌、抗カビ作用も持っています。
結果、病気への抵抗力も高めてくれます。
スコルジニンも重要成分で、血行を促し、基礎代謝をアップさせ、エネルギーの効率よい燃焼を助け、体内のコレステロールを下げて、糖尿病や肥満解消にも役立たせます。
鉄成分は、不足すると息切れやめまい、疲労などの症状が出やすくなることがあります。
アリチアミンは、にんにくのアリシンがビタミンB1と結びついたものです。
体内でのビタミンB1の吸収を助け、疲労回復を促します。
卵黄に含まれるレシチンは、人間の身体の中にある細胞にも、レシチンは必要で、脂肪がタンパク質と結びついてエネルギーになる際に、レシチンが消費されます。
レシチンが、不足することによって疲れやすい、病気になりやすい、不眠や糖尿病などの症状がでます。
他には、コレステロールを下げることや、老化を防ぐ抗酸化作用、肌を美しく保つなどといった効果がたくさんあります。
にんにくのアリシンと卵黄のレシチンが結合することによっての、抗酸化作用で、老化を防いだり、血管や肌を若々しく保ち、動脈硬化予防や美肌にも効果をあげます。