にんにく卵黄とコレステロール値

にんにく卵黄とは、にんにくと鶏卵の卵黄のみで作られている、健康にとてもいいとされています。マヨネーズなどに代表される卵黄を使った食品はコレステロール値が高いと見られがちです。
ですので、卵黄はコレステロールが高い?
と心配されると思いますが、コレステロール値が高くなってしまう理由は、卵黄と動物性油脂を組み合わせた食品などを摂ったなどという理由が多いのです。
にんにく卵黄は卵黄を使用していますが、服用量を守ってさえいれば、コレステロール値が高くなるという心配はありません。
一般的に1日に摂取するコレステロールは300mgが適していると言われていて卵1個に含まれるコレステロール量は、約250mgです。よく卵は1日1個だけといわれますが、
1日卵1個というのは、コレステロールの摂取量なのですね。
最近、そういったことに変化があり、卵黄に含まれるレシチンには、血管内に蓄積したコレステロールを掃除して、悪玉コレステロールをやっつける役目があるとされています。
コレステロールは体に必要な物質ですが、善玉と悪玉の2種類があり、にんにく卵黄に含まれるコレステロールは、善玉コレステロールだけです。
善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを回収して肝臓に戻しますので、動脈硬化を防ぐ働きがあるのです。
そういった意味でも、コレステロール値が高くても、にんにく卵黄を摂ることには心配しなくていいのです。
食生活や日常生活に気をつけながらにんにく卵黄を服用することで、高かった血圧が下がったり、コレステロール値が減ったという効果を得られた方もたくさんいらっしゃいます。