にんにくの保存方法

にんにくは生野菜と違いますので、収穫して日持ちはしますが、適切な保存方法を知ることで、いい状態を保ち、おいしく食べられるのでその保存方法について考えてみたいと思います。
にんにくは風通しの良い、湿度の低い涼しいところにおいておくのがよい、というのはよく聞きます。
日陰に吊るしておくという方法がありますが、水分がぬけて味が悪くなりますので、お勧め出来ないのです。

 

発芽したにんにくを触ると柔らかい場合、にんにくの水分が抜け、栄養がすいとられているので、やはり食べてもマズイです。
腐ったり、発芽するのをさけて、おいしいにんにくを新鮮のまま保存するのであれば、風通しのいい、湿度の低い涼しい場所においとくのがいいでしょう。
冷蔵庫で保存する場合、にんにくをそのまま新聞紙に包み込み、においが漏れないようにポリ袋に入れるます。

 

この時新聞紙に包まないとむれてしまいますので、カビの原因になるのでポリ袋だけで保存しないようにしてください。
その後はチルドルームなどの低温暗所で保存します。

 

にんにくを一粒ずつむいて個別に、冷凍する時は、にんにくを一粒一粒むいて、保存パックまたはラップに包みます。
お料理に使うとき、便利ですね。おろして冷凍保存する場合でしたら、にんにくをおろして、保存パックに板状に詰めて冷凍します。

 

他には、にんにくを加工して保存する場合もあります。
にんにくのしょうゆ漬けやにんにくしょうゆ、にんにく味噌、にんにく卵黄、にんにくオイルなどに加工することで、
長期保管することが可能なのです。