にんにくの栽培方法

にんにくの栽培方法に関して、植え付けをご紹介していきたいと思います。
にんにくは、タマネギやラッキョウと同じユリ科の植物で、秋に植えつけてしまえば、特に手入れも必要なく、簡単に育てることができるのです。
植え付けは9月〜10月頃に始めます。まずは土作りで、食物を栽培するには土造りが肝心ですが、特に有機栽培では堆肥作りが重要な作業になります。

 

栽培を始める何ヶ月も前から作業を繰り返して、栽培に適した堆肥にしていきます。
土がふかふかになるまで、スコップなどでしっかりと混ぜてください。
種用のニンニクを用意します。

 

種にんにくは、通販などで手に入れることができます。
スーパ?などで売られている食用のにんにくと違うのは発芽抑制をしていないことです。
食用のにんにくは、冷蔵庫に入れたり、その後乾燥させたりすることで、発芽を抑制しています。
土に有機質の肥料を入れ、そこに、にんにくを植えつけていきます。

 

芽を上にして7、8cmの間隔で、5cm程度の深さに植えつけていきます。
葉が出てからしばらくすると、冬が到来ですが、防寒対策など特に必要なく、適度に水やりをしながら、そのまま育てていきます。
5月ぐらいに伸びてくると花をつけますが、茎が伸び、花が咲く前に、茎の途中から折り取ってください。

 

花を咲かすと花のほうに栄養が行ってしまうので咲かせないようにします。
切り取った部分は、にんにくの芽として、炒め物などにして食べることができます。

 

5月から6月頃に、下の葉が黄色くなりはじめたら収穫時期ですので、茎葉に青みが残っているうちに収穫してください。