にんにくの効用

にんにくは体にとてもよく、元気のパワーを補充することが出来る食べ物として多くに知られています。
滋養強壮や肉体疲労などに効果があり、昔から長い間に渡ってスタミナアップなど、栄養満点で健康に役立ちます。
にんにくに含まれているアリシンが抗菌作用を発揮し、スコルジニンの働きで呼吸が楽になるうえ、強壮作用によって体力がつき早くよくなることから風邪に効果があります。
スコルジニンが末梢血管を拡張するため、全身の血行がよくなって体が温まって眠くなるので、冷え症、不眠症によいのです。

 

神経痛や筋肉痛に、スコルジニンが神経組織の新陳代謝を促進したり、末梢血管の循環をよくしたりと筋肉自体の活動状態を改善することでこれらの痛みが消失します。
動脈硬化や高血圧の予防に血中のコレステロールが下がっていることがわかり、人間の動脈硬化や高血圧の予防にもよいのではないかと考えられているのです。
他にも血液の消毒剤となり、また虚弱体質な片を元気旺盛にする作用もあります。結核にも効果はあります。

 

結核特効薬のパス、ストレプトマイシンにスコルジニンを併用すると、より抗菌性を増すことが明らかにされました。
疲労回復はスコルジニンの旺盛な新陳代謝作用によって回復します。
気道、消化管への抗菌作用、ガビが原因の角膜炎には強い効果を発揮します。
他にはコレステロール値の低下、肝臓機能を強化、便秘、不眠症にも効果が発揮されます。